ELTON SUN フォーチューンダイアリー

SOMEONE SAVED MY LIFE TONIGHT

今日の日本昔話タロット 「瘤取り爺さん」ー世界ー

今日の日本昔話タロットからのメッセージは

「瘤取り爺さん」

大アルカナの最後 22番目 ⅩⅩのカードです。

 

f:id:ELTON:20171210194749j:plain

通常の大アルカナの最後のカード「世界」

日本昔話タロットでは「瘤取り爺さん」が締めくくっています。

さて、どんな重要なメッセージが込められているのでしょうか?

 

瘤取り爺さんは

室町時代には、すでに確立されていた昔話です。

 

瘤取り爺さんは片方の頬に「瘤」がありました。

それはいつもプランプランとしています。

邪魔ですが、

お爺さんはこれも自分の一部だと呑気に暮らしておりました。

瘤、今で言うと腫瘍です。

悪性か良性かは分かりません。

 

そして、

隣に欲の突っ張ったお爺さんが住んでおりましたが、

こちらのお爺さんの片方の頬にも「瘤」があったのです。

 

ある日、瘤取り爺さんは

畑仕事に出掛けました。

 

その日は、頑張りすぎたのか、

お爺さんは休憩のつもりで木陰に入ると、

そのまま寝入ってしまいました。

 

ふと、騒がしい声で目が覚めると、

辺りはすでに真っ暗。

「こりゃイカン!」と帰り支度を始めます。

しかし、気になるのは

騒がしい声、

お爺さんは恐る恐る覗いてみると、

鬼たちが酒宴を開いておりました。

それはそれは楽しそうです。

 

お爺さんは楽しい事が大好き。

気が付いたら、

鬼の宴会に飛び入り参加し、

得意の踊りを踊りだしました。

 

驚いたのは鬼たちです、

突然のお爺さんのナイスなフットワークのダンス。

ブルックリンからスタートしたお爺さんの踊りは、

ハローバック、

ウインドミル

スワイプス、

過激にエキサイトしていきます。

鬼たちは初めて見るHIPIHOP系ダンスに熱狂!

お爺さんのルーズな身なりもイカしていると、

スマホで動画を撮る鬼までいます。

 

最後に決めのポーズで締めくくられると、

鬼たちは

「GOOD JOB!」と次々にハグとスタンディングオベーションで出迎えられます。

「COOL!」

「I've never seen such a ingenious dance!」

「Hey Mr! 俺にも教えてくれないかい?」

「毎週末ここで待ってるぜ!」

 

お爺さんは大人気です!

お爺さんは鬼たちに

シャンパン」

ドンペリ

テキーラ」をすっかりご馳走になり、いい気分です。

 

瘤取り爺さんは帰り際、

リーダー格の鬼は

「今日はホットな一日だった。有難う!

そうだ、これはモラッテおくぜ!」と言うと、

頬の瘤を取ってくれました。

 

お爺さんは更に気分を良くして、帰路につきました。

 

帰ってきたお爺さんの頬を見て

驚いたのは隣の欲深いお爺さん。

 

何故、無くなったのか?

 

一部始終を聞きました。

「それなら俺も瘤を取ってもらおう!」

翌日、同じ時間帯に鬼の酒宴場所に出向きました。

そして、

いきなり「俺も瘤を取ってくれ!」と言い放ちます。

鬼たちは

「何だこの爺は!」と機嫌が悪くなりました。

 

欲深爺さんは、更に

「俺の瘤も取ってくれ!」と迫ります。

するとリーダー格の鬼が出てきて、

「そんなに瘤が欲しいなら、くれてやる!」

とはたき倒され、

瘤のない頬にも瘤を付けられてしまいました。

 

欲深爺さんは散々な目に遭い帰路に就きました。

 

さて、このお話にどんな教訓があるのでしょうか?

 

このお話の原本の最後には

「人を羨むことは何と心が狭き事かな。」で締めくくられています。

つまり、

世界とは

自分の世界観、

やってきた行い、

人生、

それらは自分で切り開くもので合って、

誰かの事を羨ましがったり、

誰かの持ち物を欲しがったりすることは、

自分の可能性や

心を狭くしてしまう事に繋がりますよ、

というメッセージが込められています。

 

そう、この「瘤取り爺さん」の物語には、

人は人、自分は自分、

自分らしくという、

大アルカナの物語の最後にふさわしいメッセージなのです。

 

今日は、

自分の時間が持ててますか?

仕事や勉強、

やらなければならない事で

自分を見失っていませんか?

自分の心の求める事、

夢を忘れないでね、

と「瘤取り爺さん」は語り掛けてくれます。

 

ELTON SUN

 

追伸

 もし、日本昔話タロットにご興味ありましたら、

120ページに渡る詳細な解説書付きの

下記バージョンがお勧めです!