心旅八景

俺はどう生きるか?

今日のアストロオラクル 月

今日のアストロオラクルは

「月」です。

f:id:ELTON:20171129214613j:plain

月が私たちに語り掛けるのは、

受動、神秘、ベールに包まれた、

もしくは隠れた魅力、

 

とてもナイーブで、

瞑想、

物思いにふけるイメージがあります。

 

自分からは主張しない。

しかし、とても魅力的で、

勇気づけてくれる存在。

 

夜、

ピンと張りつめた冷たい空気の中、

月を眺めて、

元気をもらった事はないですか?

 

冬山の銀世界で、

満月の夜、

私はテントから外に出ました。

月の光は反射して、

ボール遊びが出来るぐらい輝いていました。

影が向こうの山に浮かぶような程の明るさ、

そのまばゆい月を

じっと見つめると、

身体は浮き上がる様な気がしました。

 

月には何故、

そんな力があるのでしょうか?

 

1つ確かに言えるのは、

月は決して自分から主張しないという事です。

 

月の明るさは

太陽の光を浴びる事で反射して照らされます。

 

月は自分が美しく光るまで、

ただ穏やかに待ち、

見に来てくれたものにだけ、

静かに微笑みかけます。

 

月はまるで母のように、

優しく、

穏やかに語りかけます。

 

私たちには、

月も太陽もほぼ同じ大きさに見えます。

太陽が肉眼で見る事が出来ないまぶしさに比べ、

月は肉眼で見る事が出来ます。

 

そこが優しさを感じるところでしょう。

 

しかし、時に鎌のように鋭い三日月にもなります。

 

月は私たちの感情と同じように、

揺れ動き、

私たちと共鳴します。

 

月は毎日、

姿を変えます。

 

全身を輝かせる満月もあれば、

何にも見えない新月

確かにそこにいるはずなのに、

消えたように姿を表しません。

 

月が私たちに教えてくれるのは、

私たちは気分や感情、

その時々で表情が変わって当然、

ということ。

 

無理に合わせるなんて、

出来ない時もあるし、

仕方がないよ、

と語り掛けます。

 

そんな時は自分を見つめて、

ゆっくりとリラックス、

自分の感情、反応、

潜在意識を見つめてみましょう、

 

そう優しく問いかけます。

 

月は、

私たちのように、

様々な影響を受け、

時には暗く沈み、

時には眩いばかりの光を放ちます。

 

それを体現している星。

 

今日は自分の潜在意識、

感情がどうゆれているのか、

自分の気持ちを素直に

見つめてみるのもいいかも知れません。

 

ELTON SUN