八景ダイアリー

SOMEONE SAVED MY LIFE TONIGHT

お供の「犬」が語る事 桃太郎伝説

f:id:ELTON:20180220083120j:plain

桃太郎のお供「犬」が語る事

 

犬は収穫の神「桃太郎」を陰で支える存在。

干支の戌に当たります。

季節で言うと晩秋。

戌の字は滅びるから来ています。

 

滅びると言うとネガティブな印象ですが、

覚悟を決めて尽くす事を示しますから、

本来は悪い事ではありません。

 

繋ぐとか、

託す意味もあります。

 

犬はとても忠実です。

 

何か物事を完成させるとき、

これしかない!

という覚悟が必要ではないでしょうか?

 

夢に向かって、

犬のように忠誠を尽くす。

 

あぁー、

私も頑張らなければと思います。

 

余談ですが、

今、マクラメアクセサリーの本を執筆中です。

一年以上掛けて、

ようやく仕上がりが見えてきました。

 

もっと集中してやればいいのに、

意識が別の方に行ったりして、

一年以上掛かってしまいました。泣

 

計画している事、

もう少し誠実に取り組まないと、

いつもそう思います。

 

どれだけ無駄な時間を過ごしているのか?

 

もったいないな、と思うのです。

 

自分がいつか滅びる事を自覚して、

戌の気持ちで頑張らなければもったいない。

そう思う今日この頃です。