八景ダイアリー

SOMEONE SAVED MY LIFE TONIGHT

「ヘラジカ」が歌う「僕の歌は君の歌」それは存在確認と自己主張

今日のアニマルオラクルからのメッセージは

「ヘラジカ」さんからです。

f:id:ELTON:20180113082415j:plain

 ヘラジカさん(以下へ)

へ「わしは大体ボケーっとしたキャラクターやと思われてるみたいやな、」

 

イラストで描かれたら、

 

f:id:ELTON:20180126193848p:plain

 

こんな感じです。

 

僕は鹿の仲間で、

一番大きんねん。

 

体長は3メーター以上、

角は両方合わせた幅で2メーターはおまっせ!

 

まぁ、大きいからのっそりしてるイメージが、

あんなイラストの理由やろな。

 

あとな、

年間でよう交通事故に巻き込まれんねん。

 

かなんで!

 

俺らが最初におって、

人間みたいなのが後から来て、

偉そうに道路作って、

俺よりデカくて重くて硬い乗りもんで

ビューって来よりますやろ。

 

そら分からんて、

 

ぶつかってお陀仏ですわ!

 

そんなんもあって俺は

ドン臭いイラスト描かれてまんねん。

 

ホンマかなんな、

 

タダでさえ、

自然界は厳しぅて、

ピューマとか、

何やようわからん、

怖いやつがおるんや、

 

きい抜いたら、

ケツがぶりですわ!

f:id:ELTON:20180126200343p:plain

俺らの事、

ホンマに知らんから、

こんな間抜けなイラストやねん。

 

やけど、言うとくで、

 

俺ら身体デカイ言うても、

やっぱ鹿ですわ、

 

肉食系のイケイケの兄ちゃんに、

喧嘩売られたら、

分が悪いですわ、

 

正直言うたら、

 

あんまり言いたないんや、

 

怖さもある事、

 

 

 

やけどな、

 

恋の季節になったら、

 

俺らは大声で、

自己主張して、

マブいベッピンさんに声掛けるんや!

 

しかも地声がデカいから、

 

ピューマに気付かれマンネン!

アブな!

 

f:id:ELTON:20180127003416p:plain

 

おい、

待て!

 

何やこのイラスト!

俺、アホのままなないカーイ!

 

まだ、分かってないな!

 

俺をボケナス扱いしやがって!

俺はリスクを冒して、

姫を迎えようとしてるんや!

 

分かるか?

 

自分の使命、

自分の夢に向かって、

正直に雄叫びを上げるという事は、

生きてるという事や!

とてもかけがえのない

美しい事なんや!

 

やりたいことを我慢して、

怖いから諦めて、

オトナしくしてるなんて言うのは、

生きてても死んでるのと同じなんや!

 

俺は肉食系の兄ちゃんに見つかる事を怖がらんと、

自分を信じた通りに愛の歌唄う!

 

「ラララ―♪」

 

んっ?

 

ようやく分かってきたか!

 

そや、

 

だから君も、

やりたい事、

自己主張、

夢に向かって、

正直になるんや!

 

そして雄叫び上げるんや!

f:id:ELTON:20180126203435p:plain

 

 ELTON SUN

www.amazonquarts.com