アストロオラクルカード 宇宙のオラクルカードの使い方② シンプルリーディングA

シンプルリーディング

エネルギーバランスを見る

 

三種類のデッキ「惑星・黄道・ハウス」から一枚ずつ引き、

3つから連想されるイメージを繋ぎ合わせます。

 

インスピレーションを大事にして下さい。

 

f:id:ELTON:20180216131908j:plain

惑星カードは主役になるエネルギーです。

黄道十二宮カードは主役エネルギーの使い方。

ハウスカードはあなたの人生のどの部分に影響が出るか。

 

金運や仕事運、恋愛運など、

身近な内容を気軽に占ってみるのも良いでしょう。

 

 

 

それではサンプルリーディングです。

f:id:ELTON:20180216131919j:plain

左から

惑星・・・土星

黄道・・・天秤宮

ハウス・・8

が出ました。

 

f:id:ELTON:20180216133147j:plain

土星カードの左上には

土星のシンボルマークがあります。

f:id:ELTON:20180216133318j:plain

このシンボルは土星が太古に5番目の惑星と考えられていた為、

「5」に見えるようにデザインされています。

そして、農耕の神「サートゥルヌス」を連想する鎌。

 

右上に書かれた「LEAD」は鉛。

錬金術土星の物質的要素を意味します。

 

左下には「DILIGENT」勤勉

下記には「Be cautious!  and be definiteiy.」

(気を付けて慎重に!)のメッセージ。

 

以上が主役のエネルギーとなります。

 

 

次に黄道十二宮カードは「天秤宮」が出ました。

f:id:ELTON:20180216133200j:plain

左上には天秤宮のシンボルマーク

f:id:ELTON:20180216134156j:plain

これは天秤宮の公正で、バランス感覚に優れた指標的存在を示しています。

平行線の上に位置する

「Ω」のようなマークは

宇宙論パラメーターを表す際に様々な形で登場します。

いわば物差し的存在にアンダーバーで強調した形です。

 

また、太陽が地平線とくっついた状態。

これから昇るのか、

沈むのか断定できず、

中間にあります。

「朝と夜」

「白と黒」

「生と死」

そのつなぎ役であります。

 

右上には天秤宮を応援する鉱物

「OPAL」オパール

 

左下には天秤宮のエレメントである「空気」

下記には支配星「金星」

高揚の座「土星

障害の座「火星」

転落の座「太陽」

これがエネルギーの使い方となります。

 

最後にハウスカード、

「ハウスの8」が登場しました。

f:id:ELTON:20180216133211j:plain

カード上部には「8」

そして、「HOUSE of REINCARNATION」

転生(生まれ変わり)のハウス

 

右上には「DEATH」・・・死

左下には「Deeply committed Relationships」・・・深い関わり

下記には「REBIRTH」・・・生まれ変わり

 

このカードが示すのは

あなたが生まれ変わる様な、

劇的な人生の変化を表します。

 

この3つのカードのメッセージを繋ぎ合わせるのです。

 

例えばシングルの女性がパートナーと巡り合うには

どうすれば?いいかとアストロオラクルカードに聞いたとします。

 

彼女はもし、焦っていたり、

積極的にどうにかしようとしていたとしたら、

 

土星のカードはそれをなだめるように語り掛けます。

土星が示すのは「コツコツ」とか「地道」なエネルギー

農耕の神、

そして「羊飼い」と言われる土星の輪は

毎日の努力とひたむきさが大事な事を示します。

 

惑星カードが「土星」なので

天秤宮にとって高揚の座となり、

素晴らしいエネルギーバランスです。

最強タッグと言っていいでしょう。

 

彼女は地道に家庭的で大人しい面を

天秤宮が示すように、

バランスよく、

誰にでも公平にアピールする事で魅力が増す事でしょう。

 

ハウス8は

ライフエリアの「結婚」に当てはまりますから、

彼女の恋愛運は一気に突き抜けて「結婚」へ向かうほど、

上昇中と読み取る事も出来ます。

 

これが正解というのはありませんので、

リーディングする方の直感、

感じたままが正解です。

 

結果を占うというよりも、

自分の心を落ち着ける為、

自分の良さを引き出すために

アストロオラクルカードは使った方が良いようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ELTON SUN (K.YASOKAWA)