心旅八景

俺はどう生きるか?

コウモリ 新しく生まれ変われ!

f:id:ELTON:20171221065554j:plain

精霊動物「コウモリ」の独り言。

コウモリが語り掛けるのは

「生まれ変わり」

「輪廻転生」

 

コウモリは休む時、

眠る時、

逆さの状態になります。

足を上に頭を下にするのです。

 

この体勢は私達がこの世に生まれ出る時の姿です。

真っ暗闇の場所で休み活動する時に外へと飛び立つのです。

 

その姿から新しく生まれ出る象徴として崇められました。

 このコウモリの習慣びアメリカインディアンは「輪廻転生」を重ね合わせたのです。

 私たちが考えるは人生は一度きりです。

 しかし、人は一度の人生で何度も死ぬような思いをすることもあるし絶望の淵に立たされることもあります。

その度に生まれ変わって乗り越え再び日出ずる事もあります。

 「前世」

「現世」

「来世」

「現世」を今の命と考えた場合「前世」はその前の命です。

私たちには記憶がないのが普通です。

 何代前かの「前世」が「×××」でその前が「×××」

どこかの前世占い師に見てもらったと若い人に聞くことがあります。

若い方の場合は大きな挫折がまだなく前世占いに興味があるかも知れません。

しかし、ある程度年齢を重ねると、

前世占いをしなくてもこの人生の中に輪廻転生があり、

前世、現世、来世があることに気付くことがあるようです。

 私たちが生きる「今」、

そして、前後の経験はその御霊(みたま)の象徴。

だから、これまでの経験の中に「前世」を感じる事があります。

更にイメージできる人には「来世」も見えています。

 

アメリカインディアンは一回の人生で何度も魂のレベルアップを繰り返す者がいる事を

知っています。

様々な文化でこの「輪廻転生」を経験する儀式があります。

 日本も死ぬような思いをする修行、荒行があり、インドでは古くからその修行で実際に死んでしまう僧侶もいます。

 アメリカンインディアンの間でも古くから、「輪廻転生」を行う儀式があります。

 非常に激しく、辛いといいます。自己を完全に否定され身体も傷つけられ残酷な儀式です。

この『シャーマンの死』を終えたものは新しい生命を大事にし一つの悟りを得るのです。

コウモリの毎日逆さになって眠り毎日飛び立つ姿から「輪廻転生」を体現しているとして精霊動物として崇めこれらを「コウモリの儀式」と呼びました。

 

落ち込んでも駄目になってももう一度暗闇で逆さになり生れ出る精霊コウモリ、、、

 

今日一日の辛かったこと、楽しかったこと、

そして、出来上がった目標、

ほんの少しでいいので振り返ってみてください。

走馬灯のように駆け巡る「プチ・コウモリの儀」

今日の日付変更はちょっと特別、

だれもが輪廻転生を意識できる瞬間だから、

 

コウモリからの独り言でした!