タロットカードの意味 皇帝

f:id:ELTON:20180220075600j:plain

日本昔話タロット大アルカナ 皇帝


大アルカナ4番目のカード「皇帝」

皇帝は支配、権威を表します。

 

こんにちは!八景(@ELTON_SUN1)です。

今回は、タロットカードの大アルカナ 皇帝、についてのお話です。

 

 キーワード

正位置:支配。権威。指導者。

男性的。決断力。責任感。行動力。強い意志。

 

逆位置:未熟。横暴。無責任。

傲慢。身勝手。独断的。視野が狭い。意志薄弱

「皇帝」タロットカードの意味と説明 

皇帝は絶対的リーダーであり、

男性的象徴です。

彼は権力と権威を表し、

彼の威厳に満ちた態度は、

前のカード「女帝」の柔らかさ、優しさと対照的です。

f:id:ELTON:20180806092411j:plainウエイト版タロット 皇帝

彼の白くて長いひげは、

何年も掛って積み上げてきた努力と経験を表し、

背景に見える不毛の山々は、

彼の道が厳しく険しかったことを示しています。

 

f:id:ELTON:20180806092430j:plainマルセイユタロット 皇帝

ウエイト版では4つの雄羊の頭が装飾された石造りの椅子

マルセイユタロット版では椅子に立てかけられた鷲の盾、

いずれにしても彼が頂点に位置付けられた場所に君臨している事が表されています。

「お殿様」って?

日本昔話タロットでは皇帝のカードは「お殿様」が描かれています。

昔話ではお殿様は主人公としてでなく、

物語を引き締める役割で登場する事が多いように思います。

お殿様は絶対的な権力を持ち、公平で裏表のない決断力があります。

「花咲か爺さん」に登場するお殿様

花咲か爺さんでは、

お殿様は最後に登場し枯れ木に花を咲かせたお爺さんを

「天晴れあっぱれ!」と賞賛します。

これまで正直にポジティブに生きてきたお爺さんを正しく評価してくれます。

一休さん」に登場するお殿様

一休さんには頻繁にお殿様が登場します。

室町時代のお殿様「足利義満」です。

中でも有名なお話に「屏風の虎」という話があります。

頓智で名をはせる「一休さん」をお殿様は困らせてやろうという魂胆で呼びつけ、

「屏風に描かれた虎が夜な夜な抜け出して暴れるので退治してほしい。」

と、意地の悪い難題を突き付けます。

すると、一休さんは、

「これから虎を捕まえますので、将軍様、虎を屏風から追い出してください!」

お殿様は素直に感心したといいます。

さすがお殿様である。

一国のリーダーである将軍様は若い一休さんが言い返しても

納得できれば不当に罰したりはしないのである。

「姥捨て山」に登場するお殿様

昔々あるところに食い扶持を減らすために

親であっても60歳を越えれば姥捨て山に捨てなくてはならない国がありました。

そして、ちょうど母が60歳となり、

姥捨て山に捨てに行かなくてはならない若者がおりました。

しかし、若者はどうしても母を捨てる事が出来ずに、

床下に穴を掘り住まわせておりました。

 

ある時隣の強国が「灰で縄をく作ってみせよ。出来ぬなら滅ぼす。」と難題を突き付けてきました。

姥捨て山のお殿様は困り果てて国中に良案を求め「御触れ」を出します。

若者はかくまっている母に相談します。

老いた母は

「硬く編んだ縄を塩水にひたし、よーく乾かしてからそっと燃やせ。」という。

そのまま実践すると、縄は型が崩れずまるで灰で編んだように仕上がった。

早速若者はお殿様に献上。

多くの褒美をもらいました。

その後も隣の強国は難題を出してきましたが、

若者はことごとく年老いた母のアイデアで乗り切ったのです。

お殿様は感心し、若者に何故そんなにアイデアが湧き出るのかと聞く。

すると若者は満を持して「実は母が、、、」と告げる。

お殿様は納得しこれからは老人を大事にしよう、「姥捨て」の習慣をやめました。

お殿様は素直に決断するのですね。

「皇帝」と「お殿様」の共通性

皇帝は絶対的な存在です。

また、お殿様も国を治める統率者。唯一無二の存在です。

絶対的リーダーという点でシンクロします。

 

ちなみに背景にある四神の飾り

青龍、朱雀、白虎、玄武が描かれています。

キトラ古墳にでも有名なこの四神は時間や自然、方位を表し、

味方につける事を意味します。

リーダーはただ強いだけでなく、

冷静に様々な森羅万象を味方につける判断力も大事なんですね。

 

日本昔話タロットはこちらで販売してます↓

www.amazonquartz.jp