小アルカナ ソード キングの意味

f:id:ELTON:20180113080814j:plain

日本昔話タロット ソードのキング


こんにちは!八景です。

 

かちかち山は壮絶な復讐の物語です。

 タヌキとお爺さんの戦いが、

おばあさんを巻き込む事になり、

最後にはウサギとタヌキの戦いになります。

 

戦いには、

策略がつきもので、

お互い騙し合い。

 

それを明快に表している物語です。

 

さて、

この最後のシーンですが、

ウサギの策略で、

大火傷を負ったタヌキが、

泥舟に乗せられます。

 

そして、

沈みゆく船に助けを求めるタヌキ。

 

そこでウサギがオールで脳天を叩き割るという

残酷極まりないファイナルを迎えます。

 

この世はサバイバルです。

 

余程の大金持ちか、

余裕のある人でない限り、

一回の敗北は致命傷になります。

 

私たちは戦いに挑む時、

わきまえて置かなければならない事があります。

 

こちらは遊び半分のつもりでも、

相手は全力だという事です。

 

会社のプレゼンテーション、

大学受験、

高校受験、

就職試験、

芸能オーディション、

 

現代でも、

色んな戦いがあります。

 

それら戦いに挑むならば、

同じく真剣勝負には変わりありません。

 

手を抜かずに最後まで頑張り抜きましょう、

 

戦い、挑戦には

手加減、

後悔、

全て無用という事を

かちかち山は語っています。